朱印_三重県

1/4ページ

【三重県】三瀬谷神社 御朱印

■御祭神 田心姫命 湍津姫 市杵嶋姫 天穂日命 天津彦根命 活津日子命 熊野久須毘命 天忍穂耳命 吉備津彦命 素戔嗚尊 應神天皇 大山祇命 思兼命 神功皇后 保食神 瓊瓊杵尊 水速女神 稲倉穂命 菅原道真 金山彦命 經津主命 火迦具土命 軻遇突智命 仲足彦命 木花咲耶姫命 素賀神 ■御由緒 『三瀬谷神社』の創始は資料や口承も乏しく定かでは ありませんがそれによると、倭姫命が天照大神のご鎮座地を探し […]

【三重県】川添神社 御朱印

■御祭神 建日別命 天手力雄命 天忍穂耳命 倉稲魂命 天照皇大神など30座 ■御由緒 大和朝廷成立期、伊勢・熊野周辺の国造であった建日別命は、栃原周辺の奴を討伐後、濁川に囲まれた牟山野(宮野)に住居を構え、栃原周辺を統治されました。江戸時代以前には、その住居跡にあった直径3尺の大榊を神籬木として『榊元神社』が鎮座しており、そこへ建日別命を産土神として天手力雄命と共に祀り、『建日別神社』と呼ばれるよ […]

【三重県】椿大神社 御朱印

■御祭神 主祭神 猿田彦大神相殿 瓊瓊杵尊 栲幡千千姫命 – 瓊瓊杵尊の母神 配祀 天之鈿女命 – 猿田彦大神の妻神 木花咲耶姫命 前座 行満大明神   ■御由緒 伊勢国鈴鹿山系の中央麓に鎮座する椿大神社は、往古神代、高山入道ヶ嶽、短山椿ヶ嶽を天然の社として、高山生活を営まれた国つ神「猿田彦大神」を主神とし、相殿に皇孫「瓊々杵尊」、「栲幡千々姫命」を、配祀に「天之 […]

【三重県】結城神社 御朱印

■御祭神 結城宗広朝臣   ■御由緒 結城宗広は後醍醐天皇の鎌倉幕府討幕運動に参加し、建武の新政以後の南北朝時代にも南朝方で戦った。北畠顕家親子に従って二度陸奥から京に向けて攻め上ったが、帰国の途中で難破し、伊勢国で没した。その墓と伝えられる場所には、塚の上に六体地蔵が置かれ、結城塚と呼ばれていた。1824年津藩の藩主藤堂高兌により社殿が造営され結城神社と呼ばれるようになった。1945年 […]

【三重県】伊雑宮 御朱印

■御祭神 天照大御神御魂 あまてらすおおみかみのみたま   ■御由緒 伊雑宮は、天照大御神の御魂をお祀りし、「いぞうぐう」とも呼ばれます。古くから「遙宮」として崇敬を集め、地元の人々によって海の幸、山の幸の豊饒が祈られてきました。 毎年6月24日(6月月次祭当日)に行われる御田植式は、とても雅な神事で、「磯部の御神田」の名で国の重要無形民俗文化財に登録され、日本三大田植祭の一つとされます […]

1 4