【茨城県】大宝八幡宮 神職募集

NO IMAGE

事業内容 宗教法人

職種 神主

雇用形態 正社員 産業 サービス業(他に分類されないものうち神道系宗教

就業形態 フルタイム

雇用期間 雇用期間の定めなし

年齢 不問

年齢制限の理由

年齢制限禁止について

就業時間 変形 1年単位

1)08:30~17:00

2)08:30~12:00

休憩時間 90分 時間外 あり 月平均5時間

賃金 賃金形態 月給

a 基本給(月額平均)又は時間額 190,000円~190,000円

b 定額的に支払われる手当

a + b 190,000円~190,000円

賞与 あり 前年度実績 年3回・計5.00月分

休日 他 週休二日 なし 年中行事、六曜による

年間休日数 88日

育児休業取得実績 なし

利用可能な託児所 なし

就業場所 茨城県下妻市

転勤 なし

従業員数 企業全体:7人 うち就業場所:7人 うち女性:3人

加入保険等 雇用 労災 健康 厚生 定年制 あり 一律 60歳

再雇用 あり 65歳まで

マイカー通勤 可

通勤手当 実費支給 上限なし

採用人数 1人

仕事の内容 神職として神明奉仕をして頂きます。

・年中行事 ・祈祷 ・出張際典等の奉仕 ・一般事務業務(パソコンを使用) ・境内の清掃、整備等 有資格者の募集です。

学歴 不問

必要な経験等 パソコン操作 接客、接遇経験者尚可

必要な免許・資格 神職資格 普通自動車免許(AT限定可)

選考方法 面接 書類選考 選考結果通知 7日後

応募書類等 ハローワーク紹介状 履歴書 写真添付

選考日時 随時

求人条件にかかる特記事項

・出張際典等は社用車を使用します。

・境内整備は軽トラックを使用します。

・通勤手当は弊社規定により2kmから 距離に応じて支給します。

36協定届出済 備考

・12:00~13:00の間の電話連絡:可 ・電話連絡は17:00までにお願いします。

書類選考となりますので、事前連絡の上、応募書類を 郵送して下さい。

受理日 令和元年6月3日 有効期限日 令和元年8月31日 受理安定所 筑西公共職業安定所 下妻出張所

転載元

【神社情報】

・御祭神

誉田別命(ほんだわけのみこと)

足仲彦命(たらしなかつひこのみこと)

気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)

・御由緒

大宝元年(701年)、藤原時忠公が筑紫(つくし)の宇佐神宮を勧請創建したのがはじまりです。天台宗の古い経文の奥書に「治承三年(1179年)己亥七月二十二日の未時書了於常陸州下津間八幡宮書了兼智」とあるため、平安末期にはすでに八幡信仰が盛行していたことがわかります。平将門公も戦勝祈願のために度々参拝し、当宮の巫女によって新皇の位を授けられたと伝えられています。 「吾妻鏡(あづまかがみ)」に下妻宮(しもつまのみや)としるされ、文治五年(1189年)、奥州征伐平定の日、源頼朝公が鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請し摂社若宮八幡宮を創建されました。

・所在地

〒304-0022

茨城県下妻市大宝667

TEL:0296-44-3756

FAX:0296-43-2286

・交通

◆鉄道 関東鉄道常総線大宝駅より徒歩3分

●取手駅(JR常磐線)〜大宝駅

●守谷駅(つくばエクスプレス線)〜大宝駅

●下館駅(JR水戸線・真岡鉄道線)〜大宝駅 関東鉄道 大宝駅時刻表 ※大宝駅には、快速は止まりません。 各駅停車をご利用いただくか、水海道駅または下妻駅での乗り換えが必要となります。

自動車

●常磐自動車道谷和原インターより、国道294号線を水海道・下館方面へ。 国道125号線との立体交差を通過後(右手にはイオンモール下妻)、最初の信号を左折、2個目の信号を左折、1個目の信号(東部中学校入口)を右折、道なりにお進みいただくと一ノ鳥居が見えてきます。(インターより約40分)

●圏央道(首都圏中央連絡自動車道)常総インターより約20分 坂東インターより約30分 境古河インターより約35分

●水戸方面より 国道50号線を笠間・下館方面、国道294号線へ

●土浦方面より 国道125号線を下妻方面、国道294号線へ

●つくば方面より 国道408号線を筑波山方面、国道125号線から国道294号線へ

●古河方面より 国道125号線を下妻方面、国道294号線へ

●守谷方面より 国道294号線を水海道・下館方面へ