【千葉県】鎌数伊勢大神宮 令和2年助勤巫女募集

NO IMAGE

公式ツイッターより転載

①12/31 [23:30-翌8:00] ②1/1  [7:30-16:00] ③1/2-1/3 [8:00-15:00] ④1/4-1/5 [8:00-13:00] となります。 短期間につき1/1を含め3日以上出勤できる方を優先とさせて頂きますので、ご了承下さい。 詳しくはDMでお問合せください

 

【神社情報】

■御祭神
天照皇大神​(あまてらすすめおおかみ)

■御由緒
鎌数伊勢大神宮(かまかずいせだいじんぐう)は、寛文11年5月(1671年)に干潟八万石総鎮守として創建された神明社です。江戸時代前期の寛文年間(1661年-1673年)に、辻内刑部左衛門と白井次郎右衛門らによって太田ノ胡水とも呼ばれた広大な湖である椿海の干拓が始めらました。干拓事業が盛んに行われていた頃、農民たちからの強い反発と工事の失敗や事故が度重なり頭を抱えた辻内刑部左衛門はご神徳を得るために伊勢桑名藩主松平定重を通じ伊勢神宮御師である梅谷左近太夫長重に工事の無事を祈願しました。祈願を受けた御榊と御神札を湖に浮かべ風の吹くまま水の流れるままに流したところ、現在の社殿に近い東方の岸へと流れつきました。この場所から工事を再開すると不思議な事に農民からの反対もなく、また工事の失敗や事故もなく工事が進んだと言われています。寛文10年12月28日(1670年)に矢指が浦の永井浜(匝瑳市吉崎浜)から九十九里浜へと椿海を流し、寛文11年5月に待望の大干潟が生まれ18の村ができた。この干拓された地を干潟八万石と言います。こうして椿海の干拓の大業が成されたことから、鎌数の地に伊勢皇大神宮より御分霊をおうつしして祀ったのが鎌数伊勢大神宮の前身だと伝えられています。

■所在地

〒289-2505

千葉県旭市鎌数4314 ​

電話:0479-62-1982/FAX:0479-62-1982

■交通

車で行く場合

【千葉東金道路経由】

東関東自動車道から千葉東金道路を 経由し終点「横芝光IC」から約25分

【東総有料道路経由】

東関東自動車道「大栄IC」から 東総有料道路を経由し約40分

電車で行く場合

JR総武本線「干潟駅」から​徒歩約20分