【大阪府】大阪天満宮 令和2年 年始奉仕助勤巫女募集

NO IMAGE

転載元

大阪天満宮では、正月・年始に御奉仕頂ける助勤巫女を募集致しております。

■勤務期間:

1/1~1/13 勤務時間:履歴書をご覧下さい (日により多少の前後あり)

■勤務地 :

大阪市北区天神橋2-1-8  大阪天満宮

■ 給与  :

当宮規定に準ず

■条件  :

18歳~

■研修会 :

12月26日、27日 午前9時~午後4時

どちらか都合のよい日に必ず参加下さい。

■応募方法:

郵送にて下記の所定の履歴書テンプレートをダウンロードし送付して下さい。(ダウンロードできない場合は、市販のものでもかまいません。 その際は、奉仕可能日・研修会参加日・メールアドレスを必ずお書き下さい。) ※お送りいただきました履歴書はお返しできません。

■送付先 :

〒530-0041  大阪市北区天神橋2-1-8 大阪天満宮 助勤巫女募集係 迄

■選考方法:

①書類選考

②面接

※応募にあたり、下記の心得をよくお読み下さい。

大阪天満宮に奉仕する一員であるという厳しさをもって勤務して下さい。 一、社務所、更衣室等へ出入りする時、必ず挨拶を怠らないこと。

一、言葉遣い等、参拝者への応対には十分注意すること。

一、集合時刻までに着装の上、所定の場所で待つこと。

一、化粧は簡素にし、品性を保つこと。

一、爪は短くしマニキュア・指輪・ピアス・カラーコンタクト等はしないこと。

一、長い髪はゴムで束ね、必要に応じてピンで止める。また、髪を染めないこと。

一、勤務場所に於いて私語、雑談は慎むこと。

一、みだりに勤務場所を離れないこと。

一、借りた白衣・袴は整理整頓をして帰ること、等。

【神社情報】

【御祭神】

菅原道真公

【御由緒】

奈良時代 白雉元年(650年)孝徳天皇様が難波長柄豊崎宮をお造りになりました頃、都の西北を守る神として大将軍社という神社をこの地にお祀りされました。 以来この地を大将軍の森と称し、又後には天神の森ともいわれ、現在も南森町北森町としてその名を残しております。 平安時代延喜元年(901年)当宮の御祭神である菅原道真公は太宰府へ向かう途中この大将軍社をお参りになり旅の無事を御祈願なされました。 その後道真公は、太宰府において、お亡くなりになり、その50年あまり後の天暦三年(949年)この大将軍社の前に一夜にして七本の松が生え、夜毎にその梢を光らせたと申します。 これをお聞きになりました村上天皇様は、勅命によって、ここにお社をお建てになり、道真公のお御霊を厚くお祀りされました。 以来、一千有余年、氏子大阪市民はもとより広く全国より崇敬を集めています。

【所在地】

〒530-0041
大阪市北区天神橋2丁目1番8号

TEL:06-6353-0025

【交通】

・地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車DEF階段を上り、4番出入口を出てすぐの天神橋商店街に右へ、二ツ辻目を左へ50m

・JR東西線「大阪天満宮駅」下車JR東西線3番出入口(東西線アクセスビル)を出てすぐの天神橋商店街に左へ、二ツ辻目を左へ50m