絵馬について

NO IMAGE

私達が神社に参拝したとき、祈願の内容を絵馬に記して奉納しますが、

これはもともと、神々に本物の馬を供えていたことに由来します。

古くは『常陸国風土記』・『続日本紀』などに、祈雨止雨、そのほかの祈願のために生きた馬を献上していたことが見られ、

当時から神々の乗り物として馬が奉献されていたことが分かります。

その後、この代用として馬像や、さらに簡略化された絵馬が奉納されるようになりました。

馬は人々の生活に深い繋がりをもっており、日本においても、輸送や農耕、軍用など、あらゆる面で大きな役割を果たしてきました。

このことは馬に対する信仰とも結びつき、例として平安時代に宮中でおこなわれた白馬節会(あおうまのせちえ)は、正月7日に天皇が白馬を御覧になるという行事ですが、白馬が聖なる「陽」の動物なので、これをみることでこの年の邪気を祓うことが出来ると考えられたのです。

※「陽」の動物

12支の動物を陰陽五行説に従い、陰・陽に配すると、

「陽」子・寅・辰・午・申・戌

「陰」丑・卯・巳・未・酉・亥

 

その後、この行事は各神社においても除災招福の神事として執り行われるようになりました。

 

このような信仰は、神の乗り物として献上される馬とも関連することで、献上された馬を神馬(しんめ)と呼びました。

後世、神輿が神々の乗り物として主に用いられるようになり、馬はお供の役目のみとなりました。

 

絵馬には本来、馬の絵が描かれましたが時代や人々の願いとともに、馬以外の絵も描かれるようになりました。

その内容は祭礼の模様や干支、病気平癒や芸能上達の祈願を絵に現したものなど様々な種類が存在します。

受験シーズンが近づくと、合格祈願の絵馬が多く奉納されるなど、絵馬は人々の祈りの形を現したものです。