【山口県】白崎八幡宮 神職募集

NO IMAGE

神職

週2〜3日からOK

社員登用あり

急募

企業名

白崎八幡宮

勤務地 山口県 岩国市

給与 時給 802円

雇用形態 アルバイト・パート

仕事内容及びアピールポイント

1250年創建以来、永らく岩国のシンボルとして親しまれている神社です。

募集人員 神職(1名)……………神主、その他神社境内での作業全般。

納骨堂職員(1名)……屋内納骨堂、白崎メモリアルコートの管理。

求める人材 未経験者可 土日祝日勤務可能な方優遇

勤務時間・曜日 応相談

交通アクセス JR岩徳線「西岩国駅」より徒歩20分、JR山陽本線「岩国駅」より徒歩30分。 山陽自動車道「岩国IC」から車で15分。 いわくにバス バス停「八幡」下車、徒歩5分。

その他 書類選考→面接→合否通知

転載元

【神社情報】

■御祭神

【應神天皇】(おうじんてんのう)

【仲哀天皇】(ちゅうあいてんのう)

【神功皇后】(じんぐうこうごう)

【武内宿禰命】(たけのうちのすくねのみこと)

【埴安姫命】(はにやすひめのみこと)

【事代主命】(ことしろぬしのみこと)

【素盞嗚尊】(すさのおのみこと)

【菅原道真公】(すがわらみちざねこう)

【五男神】(いつはしらのひこがみ)

【大山祗神】(おおやまつみのかみ)

【金山彦命】(かなやまひこのみこと)

【少童神】(わたつみのかみ)

■御由緒

白崎八幡宮は鎌倉中期建長2年(1250年)、時の領主、清縄左衛門尉良兼が遠石八幡宮の御神霊が白鷺と化して室木に垂跡することを知り、氏族の繁栄と領内安民守護の神として今津琵琶首に創建奉斎したのが始まりです。 南北朝時代の貞和4年(1348年)には弘中堂内源兼胤を願主として現在地の白崎山に壮麗な社殿を造営、社領を寄進・奉遷し、旧岩国十七ヶ庄(錦見・川西・今津・室の木・牛野谷・中津・車・向今津・門前・平田・海土路・藤生・黒磯・青木・保津・六呂師・叶木)の産土神と仰ぎ、領民と共に深く尊崇しました。 その後戦国時代の明応5年(1496年)には兵火に罹り本殿が炎焼してしまいしたが、明応7年(1498年)宝殿を修築。 文亀3年(1503年)に舞殿・籠所などを再建。 以降、弘中三河守隆兼に至るまで、代々弘中氏が大宮司を奉仕。 弘治元年(1555年)三河守失脚により、孫の今地良房が宮司を継承し、今地家が代々奉仕しています。 江戸時代には、岩国初代藩主吉川廣家が慶長5年(1600年)岩国に入封した後、慶長16年(1611年)に社殿を再建すると共に社領を献じ、武運長久と国郡豊饒を祈願しました。 歴代の藩主も白崎八幡宮を尊崇し、現在に至っています。 創建以来750年の式年を平成12年(2000年)に迎え、後世に残る平成の大造営事業として境内地を拡幅、社殿を北側後方へ移築し、神楽殿・社務所を改築、大駐車場を完備しました。

 

■所在地

〒740-0017

山口県岩国市今津6丁目12-23

Tel.0827-29-1122 Fax.0827-29-1138