破魔矢について

NO IMAGE

破魔矢は正月の期間中に社頭で頒布されている授与品の1つで、その年の干支の絵馬が付いているのがあるなど、1年間お飾りする縁起物となっています。

破魔矢の由来は、元来破魔弓と一式になったものであり、全国各地に見られる年占の際におこなわれた弓射を起源にするものともいわれています。

これは各地区ごとに弓射を競い、勝者がその年の豊作に恵まれるというもので、作物の豊凶を占うためにおこなわれてきました。

また、正月の男児の遊戯としても用いられていましたが、江戸時代以降、子供の成長の無事を祈る縁起物として、装飾を施した弓と矢が男児の初正月や初節供に贈られるようになりました(女児は羽子板)。

その後、これが簡略化され矢だけが魔除けとして、正月に神社で授けられるようになったと考えられます。

 

破魔矢はその名称の通り、魔を破り、災厄を払う矢として信仰されています。

建築の上棟祭の折にも、鬼門の方角である東北と裏鬼門の方角である西南の方角に向けて、屋上に二張の飾り弓矢を設けたり、鳴弦(めいげん)の儀と称して、

神職が実際にこの方向に向けて弓の弦を打ち鳴らす所作をおこなうのもこうしたことに基づいています。

しかし、破魔という字を当てたのは後世のことであり、本来「ハマ」とは弓射に用いた丸い的のことで、各地に濱井場(はまいば)という地名が残るのも初春に「ハマ」を射た場所であることを意味したものとする説などもあります。

 

破魔矢の飾り方についてですが、神棚や床の間など清浄な場所に飾って戴ければ問題ありません。

上棟祭の場合のように特に決められた方向はないです。